風俗と風俗嬢の比率

気持ちに嘘はつかない

我慢しても仕方がないと思っています。仕事では我慢や忍耐を求められることも多いとは思うんですけど、風俗に関しては我慢する必要はないんじゃないのかなって思っているんですよね。だって風俗では、そこまであれこれ考える必要がないっていうか、誰が相手であったとしても、それなりに楽しい時間を過ごせるってことが分かっているじゃないですか。それならやっぱり風俗に関しては我慢する必要はないんじゃないのかなって思いますよね。そもそも、発散させるための場が風俗であって、我慢するためのものではないと思うんですよね。だからこそ、風俗は楽しみたいって思った時に本当にぶらりと足を運ぶようになりましたね。まぁ我慢というか節度だけは自分でも意識するようにしているんですけど、あんまり深く考えないようにしています。遊びたい時に遊ぶ。それだけでも立派な理由になると思いますし、風俗は理屈ではなく、自分の気持ちを満たすものだと思うので。

彼女はきっと大化けする予感

どこか純朴な雰囲気があるものの、でもよくみると表情はかなりハイレベル。つまり、これからもっともっと人気が出てくるであろうことを予感させてくれる風俗嬢との一戦は、かなり燃え上がりました。Iちゃんはまだまだ新人風俗嬢。慣れていないと自分でも言っていましたけど、あれは男の好みです。透明感が半端なかったんですよね。それでいてマイペース。男が好きになる要素がこれでもかと詰め込まれている女の子と言っても良いでしょう。実際、自分もかなり楽しかったです。それは風俗嬢としてというよりも、一人の女の子と楽しめたという満足感ですね。あのどこか影のある雰囲気は、男が一番好きなタイプと言っても過言ではないんですよね(笑)だから興奮度も相当なものになりました。彼女のあの存在感は、知名度と共にもっともっと凄いことになるんじゃないかなって言う予感がるので、今後も彼女のことはしっかりとマークしておきたいなって思わされました。