風俗と風俗嬢の比率

やり方が見えてきた

まだまだ慣れていない頃は、風俗に限らずどんなことでもどうしても手探りになりがちだと思うんです。分からないことばかりなら、それは仕方ないじゃないですか。でも風俗にも慣れてくると、自分はどういったタイプの子を選ぶと良いのかとか、風俗のジャンルの違いなども見えてくるようになってくるので、より楽しめるようになってくるなって思うんですよ。むしろそれが大きなメリットかなって言えますけどね。それに、自分の方向性が見えてくると風俗嬢と二人きりになった時のプレイはもちろんですけど、どの風俗嬢にしようかなとホームページやポータルサイトを見て探すのも楽しくなってくるんですよ(笑)ポータルサイトで風俗店のホームページを見つけてサーフィンしているだけでワクワクしてきますしね(笑)こうして風俗の世界ではいろんなことを楽しめるものなんだなってことが分かってくると、より一層風俗が楽しいもののように思えるのもまた、メリットかなって。

行きたい。それだけで十分

風俗に行く理由なんて何も必要ありません。「行きたいから」で十分です。別に風俗に行く理由を事細かに相手に伝える必要はないというか、そもそも聞かれないですし(笑)それに、男っていつ性欲が噴出するのか自分でもよく分からないじゃないですか。それはお店側だって分かっています。だから別に、風俗店のスタッフから「何で来たんですか?」なんてそんな野暮なことは聞かれません。そこは武士の情けですよ(笑)だから、行きたい時に行けばそれだけで十分なんじゃないかなって思いますけどね。そもそも風俗は誰かのために足を運ぶような場所じゃないんです。あくまでも自分のために足を運ぶ場所なので、我慢をするような場所でもなければ、逆に誰かのために頻繁に足を運ぶ必要がある訳でもないんです。あくまでも自分のために、自分が満足するために風俗に行けばよいだけの話なので、決して難しい理屈はないんじゃないですかね(笑)「行きたい」だけで十分なんですよ。