風俗と風俗嬢の比率

分かっているからこその二発目

彼女は男のことをよく分かっている風俗嬢だなって思ったのは、二発目のことでした。一発目は割とオーソドックスと言うか、特に何をするとかではなく、本当に風俗の普通の展開でプレイを楽しませてもらって一発目の発射。でも二発目は彼女はかなり力強く、そして積極的になりました。男のことをよく分かっていますよね(笑)一発出した後だとどうしても多少鈍感になっちゃう部分もあれば、こっちの体力の問題もあるじゃないですか。だから一発目と同じ感覚では行くことが出来ないって分かっていたんでしょうね。それで彼女なりに、二発目はかなり積極的に楽しませてくれたんじゃないかなって。フェラもそうですけど、手コキを多めにしていたのは、それだけお独鈷のことをよく分かっているからこそなんじゃないかなって。そして最後はお口に戻しつつ、手でも刺激してくれました。とても器用な女の子だなって感動したのを覚えていますけど、それくらい頑張ってくれたからこそ、満足です。

季節の問題はあるかもしれない

風俗と季節は、基本的には何も関係ないと思うんですよ。でも季節によって自分の風俗へのテンションが違うのも事実なんですよね。春と秋に関しては、そこまで風俗のモチベーションは高くはないんです。でも夏と冬は風俗のモチベーションがかなり高いんですよね。その理由はきっと、天気が自然かどうかじゃないですかね(笑)夏は暑くて冬は寒いじゃないですか。そうすると、外を歩くのが苦痛なんです。だから風俗にでも言って、取り敢えず空調をって思いつつ、女の子とも楽しめるじゃないですか(笑)でも秋と春に関してはそんなに空調も必要ないので、それで風俗のモチベーションがそこまでじゃないのかなって(笑)それに自分が花粉症なのもあるので、春に関しては女の子の前でくしゃみを連発するのも嫌じゃないですか(笑)だから春はそうでもないんですけど、夏なんて暑いので、風俗のためと言うよりも、シャワーで汗を流したいので、そのついでに風俗っていう考え方もあります(笑)